レーザー治療で美白になれる|透明感溢れる肌に

自分では出来ない肌ケア

治療

しみやそばかすなど、紫外線が主な原因となっている肌トラブルは医療機関での美白治療で解消することができます。毎日のスキンケアでも対処することは可能ですが、やはり確実性、そのスピードを重視するのであれば医療機関での治療がベストとなってくるのです。

もっと知ろう

新雪のようなお肌のために

男性医師

美白ケアをしたい時には、自分でやるよりも美容クリニックで専門の先生にお願いをした方が、確実に治療を成功させられます。また、インターネットで探す場合は、アクセスや治療方法、専門医の実績などで比較すると絞りやすくなります。

もっと知ろう

色白になるための方法

ボディ

美容外科の美白治療には、レーザー治療やフォトフェイシャルなどがあります。レーザー治療はピンポイントでシミを消すことができ、老人性いぼや老人性色素斑も解消させることができます。フォトフェイシャルは、顔全体のくすみ取りに優れた効果を発揮します。

もっと知ろう

シミやソバカスを消すには

美容整形

美白は、化粧品よりも整形での治療が効果的です。治療法は高濃度ビタミンC導入やケミカルピーリング、レーザー照射などがあり、いずれも沈着したメラニン色素を消し去りコラーゲンの分泌を促す作用があります。また、点滴で美容液を体内に入れる方法もあります。

もっと知ろう

美容整形で本格的な施術を

フェイス

美容整形で行われている美白治療では、真皮層まで有効成分を届かせるイオン導入や顔全体に特殊な光を照射して様々な肌トラブルを改善させるフォトフェイシャルが人気です。より効果を高めるためには体の内側からのアプローチも必要であり、内服タイプのトラネキサム酸は内側からシミや肝斑を改善できます。

もっと知ろう

加齢によるシミやくすみ

カウンセリング

美容整形で肝斑を治せます

美白治療は多くのエステサロンや美容整形クリニックで行われています。加齢と共に顔にシミやくすみが出てきますが、早めに対処しないと老け顔が定着してしまう可能性が高いです。特に、シミやくすみよりも深刻なのが肝斑であり、両方の頬や額や下顎など左右対称に現れる地図のようなシミです。美白にとって肝斑は最大の敵といっても大げさではありません。肝斑は主に30代以降に発症する後天性のもので、40代以降になると50パーセント近い女性に見られる症状です。はっきりした原因はわからないのですが紫外線や女性ホルモンが関係しているといわれています。美容整形クリニックではレーザー治療や薬物療法によって肝斑を消し去り、美白を取り戻す治療を行っています。レーザー治療によって肌のメラニン色素を減らすことによって、肝斑を薄くすることができます。クリニックによって使用するレーザー器機が違うので、肝斑に効果のあるレーザー治療を行っているところを選ぶように意識しましょう。肝斑が治療できるクリニックはシミやソバカス、ケアなの黒ずみなど幅広い美白治療ができます。

日常の肌のケアが大事です

同じ40代女性でもシミやくすみが出ない人がいますが、その理由は若いうちから日焼け対策をしているからです。日焼け対策で最も重要なのが紫外線です。紫外線を浴びると肌へのダメージは非常に大きくなり、加齢と共にシミやシワなどの症状として現れてしまいます。加齢による肌のダメージを防ぐには普段の洗顔を工夫する必要があるでしょう。例えばゴシゴシこすって顔を洗うと、肌が硬直してくすみができる原因になってしまいます。手ぬぐいで顔の水分を吸い取るだけでもくすみの予防になります。また肌の乾燥をなくすことは美白の肌をつくるための基本です。ビタミンCを含んだ美容液を使ってシミやシワの部分に含ませるようにします。食べ物でもビタミンCの多いものを摂取することが大事ですが、直接肌に塗る美容液の方が効果的だと言われています。保湿ケアを怠ると目元に小じわがたくさん出やすくなりますが、そのまま放置すると大きなシワになる可能性があります。そのため、小じわが出来た場合は美容整形クリニックで診断を受け、専門的な治療をすると美肌を取り戻すことができます。